FC2ブログ

Page Top

オススメ商品

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

プロフィール

zaras

Author:zaras
ニュースdeジャポンへようこそ!

[--/--/--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

at --:-- by zaras | PermaLink | スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | TOP ▲

[2008/02/27] リサイクルショップ生活創庫社長、堀之内九一郎

リサイクルショップチェーンを展開する堀之内九一郎社長は、「ゴミを商品に変える。ごみの山は宝の山だ。」と言い切る。
この「ゴミの山は、宝の山だ」は、著書のタイトルにもなっている。

堀之内社長は、以前にマネーの虎という番組に出演していた時期もあって、リサイクルショップをやっているのは知っていたのですが、今日のカンブリア宮殿という番組で初めて知ることも多かったです。

リサイクルショップの始まりは、堀之内九一郎氏が、代行運転のアルバイトを始めた頃、ふと、捨ててあるストーブを修理して、リサイクルショップで買い取ってもらったのが、きっかけ。

これが原点となり、リサイクルショップ1号店をオープンしてから、現在では、全国190店舗、グループ全体で年少120億円に成長。

リサイクルショップは、流通業ではなく、加工業と思っている。故障していても、修理して売りに出すから。

多くの人がいいって言ってくれるよりも、たた一人の人がいいと言ってくれるほうが価値があると思うんです。

今は、ゴミを出すのにも、お金がかかる時代。だから、リサイクルがビジネスになる。

などなど、堀之内九一郎社長が自身の考えを話していましたが、聞き入ってしまいました。

生活創庫本社も古い工場を買い取って、自分たちでオフィスを作り上げたそうです。
リサイクルビジネスって、素晴らしい仕事ですね~。

すべての今日は成功に通ず
関連記事

at 08:08 by zaras | PermaLink | ニュース | Comment(-) | Trackback(-) | TOP ▲

石焼き芋が食べたい | HOME | RHマイナスB型の血液不足というチェーンメール

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。